VIVANT黒須に守り刀託した意味は?考察2つ!信頼関係を表現した?

2023年7月放送のドラマ『VIVANT』。

そんなVIVANT最終話で、乃木憂助が黒須に守り刀を渡しますが、理由や意味が気になりますね。

今回は、VIVANTで黒須が守り刀を託された意味の考察2つをご紹介します。

これまでのドラマVIVANTの伏線&考察まとめはこちらをご覧ください。

▼ドラマVIVANTの地上波再放送の予定や無料動画を全話観る方法はこちら

目次

VIVANT黒須が守り刀を託されたシーンとは?

2023年9月17日に放送されたVIVANTで黒須駿が乃木に守り刀を託されました。

乃木家の家紋(テントマーク)が入った守り刀は、代々乃木家に生まれた子どもに託されるものです。

黒須が乃木に守り刀を託されるシーンはこちらです。

野崎からベキが逃亡したことを聞かされる乃木

乃木と一緒に帰国しようとした黒須だが、バルカを見張るよう指示される

乃木から黒須に守り刀が託される

驚く黒須、すぐに日本へ帰国する乃木

乃木憂助は黒須に守り刀を託すと、ベキを追って日本へ帰ってしまいます。

では早速、VIVANTで黒須が守り刀を託された意味について、考察2つをご紹介します。

VIVANT黒須守り刀を託された意味

VIVANTで黒須が守り刀を託された意味は、以下の2つが噂されています。

VIVANT黒須が守り刀を託された意味2つ
  • 信頼の証
  • 覚悟の表れ

1つずつ解説していきます。

①信頼の証

VIVANTで黒須が守り刀を託された意味1つ目は、「信頼の証」です。

乃木憂助に裏切られたと思っていた黒須でしたが、全てが作戦だったとVIVANT第9話で判明。

黒須は、

「(作戦のことを)言ってほしかった」

と悲しそうに乃木に伝えました。

乃木憂助はそれを聞いて、とても申し訳なさそうに黒須を抱きしめました。

乃木憂助は黒須に「別班の任務ではない」と嘘をついたことから、黒須をひどく苦しめました。

守り刀(=懐刀)には、「腹心」と類義語だと言われています。

腹心の意味とは、

腹心とは

心から信頼できる者、どんな秘事でも打ち明けられる相手

です。

守り刀が乃木憂助から黒須への信頼の証であることはもちろん、黒須の「言ってほしかった」という言葉への答え(どんな秘事も打ち明けられる)にもなっているように思えます。

これからはもっと強いタッグだね!!

②覚悟の表れ

VIVANTで黒須が守り刀を託された意味2つ目は、「覚悟の表れ」です。

黒須に守り刀を託したのは、

乃木が今からベキを撃ち殺すかもしれないという覚悟の表れだった

かもしれません。

「乃木家の証と言える守り刀」を黒須に託す=乃木家との決別

乃木は乃木家の一員で父親でテロリストのノゴーン・ベキを撃ち殺す覚悟をしており、物理的に乃木家との決別を表現したのかもしれません。

これまでのドラマVIVANTの伏線&考察まとめはこちらをご覧ください。

▼ドラマVIVANTの地上波再放送の予定や無料動画を全話観る方法はこちら

こちらの記事も読まれています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次