【加藤未唯】ボールガールが泣き続けた理由は?出血?!3つの噂を調査

2023年6月4日に行われた全仏オープンの試合で、加藤未唯選手がボールガールの頭にテニスボールをぶつけて失格になりました。

ぶつけられたボールガールが30分以上も泣く姿を見た視聴者からは、「なんでそんなに泣くの?」という声が上がっています。

相当痛かったとしても、30分以上も泣くのは何か理由がありそうですね。

今回は、加藤未唯選手がぶつけたボールガールがなぜずっと泣いたのか、泣く理由3つを深堀りしていきます。

目次

加藤未唯のボールガールが泣きすぎ?批判の嵐!

2023年6月4日に全仏オープン戦にて加藤未唯選手がボールガールにテニスボールをぶつけてしまい、失格となりました。

加藤未唯選手にぶつけられたボールガールがずっと泣く姿を見た視聴者からは、「そんなに泣くこと?」「泣きすぎじゃない?」と批判が殺到しています。

もしボールガールが泣いていなかったら、加藤未唯選手が失格にならなかったのではという意見まで出ています。

加藤未唯のボールガールが泣く理由は3つ⁉

30分以上泣くのは何か理由があったのかな?

加藤未唯選手のボールガールが泣く理由は以下の3つと言われています。

ボールガールがずっと泣く理由は
  • 出血した
  • 注目されて恥ずかしかった
  • 大事になって恐くなった

理由①血が出た

加藤未唯のボールガールが泣く理由と言われているのは、「出血した」です。

結論から申し上げると、

ボールガールはぶつけられたことによって出血はしていないため、

出血によって泣いたはデマだと思われます。

「加藤未唯のボールガールが出血した」という噂は、ソリベストルモ選手の主審への発言からなようです。

ソリベストルモは「彼女は泣いているし、血を流してる」と主張し、主審にボールガールと話すようにうながした。

Yahoo!ニュース

実際にはボールガールはケガをしておらず、出血もしていないと報道されています。

ケガがなくて何よりですね。

理由②注目されて恥ずかしかった

加藤未唯選手のボールガールが泣く理由と言われているのは、「注目されて恥ずかしかった」です。

加藤未唯選手がテニスボールをぶつけてしまった瞬間、会場の視線が一気にボールガールに集中しました。

加藤美唯がぶつけたボールガールの年齢は、15歳です。

ボールガールはまだ幼く、会場の大人たち全員から一気に注目されたことで恥ずかしくなったのではないかと考えられます。

注目が止むこともなかったため、加藤未唯選手のボールガールは30分近くも泣くことになったのではないかと考えられます。

③大事になって恐くなった

加藤未唯のボールガールが泣く理由と言われているのは、「大事になって恐くなった」です。

どういうことかというと、

ボールガールは自分が泣いたことをきっかけに加藤未唯選手の失格を招いたため、精神的に追い詰められた

のではないかということです。

対戦相手のブズコバ選手とソリベストルモ選手の申し立てによって、加藤未唯選手は失格になりました。

ブズコバとソリベストルモが主審に異議を申し立て判定が覆って失格になったという

Jcastニュース

しかし、ボールガールは自身が泣いたことが「加藤未唯の失格」を招いたことに恐くなったのではないかという見方もできますね。

加藤未唯のボールガールが和解!

2023年6月9日、加藤未唯選手とボールガールは和解したことを報告。

笑顔の2ショットが公開されました。

加藤未唯選手が失格になってしまったことも残念ですし、ボールガールが自分が泣いたせいだと責めすぎていないか心配ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次