【VIVANT】赤飯の意味は?考察5つ!薫も怪しい?自衛隊やテントにどう関係するのか調査!

2023年7月放送のドラマ『VIVANT』。

そんなVIVANTに出てきた赤飯に何やら意味があるようなのですが、赤飯についての考察が気になりますよね。

今回は、VIVANTの赤飯の意味について考察5つをご紹介します。

これまでのドラマVIVANTの伏線&考察まとめはこちらをご覧ください。

▼ドラマVIVANTの地上波再放送の予定や無料動画を全話観る方法はこちら

目次

【VIVANT考察】赤飯が怪しい!

2023年7月25日に放送のドラマ『VIVANT』に出てきた「赤飯」。

ドラマ放送開始前からNewDaysとのコラボ商品として発売もされ、「なんで赤飯?」と疑問の声が上がっていました。

2023年7月23日に放送されたVIVANTの第2話で、乃木憂助の好物が赤飯だと判明しました。

乃木憂助がお腹がすいたときに食べたいもので「赤飯」を指定したときは、ネット上で「なんで?」と疑問の声があふれました。

コラボ商品になった意味はわかりましたが、VIVANT公式SNSから「赤飯には何か意味がある」という匂わせ投稿がありました。

では早速、気になるVIVANTでの赤飯が持つ意味について考察をご紹介します。

【VIVANT考察】乃木の赤飯好きの意味は?

VIVANTで赤飯が持つ意味は以下の5つを考察します。

VIVANTでの赤飯が持つ意味は?
  • 乃木が自衛隊(別班)と関係している
  • 乃木がテント(テロ組織)と関係している
  • パッケージの信念だけ欠けている
  • 柚木薫は赤飯を知らない?
  • 柚木薫も自衛隊(別班)と関係している?

1つずつ解説していきます。

①乃木が自衛隊(別班)と関係している

VIVANTでの赤飯について考察1つ目は、「乃木が自衛隊(別班)」です。

考察に至った理由は、

赤飯は昔自衛隊の非常用食料として支給されていた

からです。

赤飯は、栄養面が高いことや腹持ちが良いことから1980年~2013年頃まで缶詰で支給されていました。

次第に支給される非常用食料が缶詰ではなく、レトルトパウチ型に変わってから赤飯の支給はなくなったようです。

乃木憂助は、赤飯を食べて「懐かしい」と言って涙ぐみます。

日本では誰でも知っている赤飯ですが、日常的に食べるものというよりはお祝いごとに出てくるイメージです。

乃木が赤飯に「懐かしさ」を感じるということは昔日常的に食べる場面があったと考えられるため、自衛隊の秘密組織である別班の隊員なのではないかと言われています。

両親との思い出?

VIVANT第2話で、乃木憂助の両親が自衛隊(別班)ではないかという噂も出ています。

幼少期に家族と一緒に食べていたのかも…?

乃木憂助にとって、家族との思い出の品だったのかもしれません。

乃木以外にも自衛隊(別班)かもしれないと言われる人物を、こちらの記事にまとめています。

②乃木がテント(テロ組織)と関係している

VIVANTでの赤飯について考察2つ目は、「乃木がテント(テロ組織)」です。

考察に至った理由は、

VIVANTコラボ商品の赤飯のパッケージにテントのマークがある

からです。

VIVANT公式Twitterの投稿で、「赤飯のパッケージ」に注目するようにすすめられています。

VIVANTコラボ商品である赤飯のパッケージには、テントのマークがありますね!

  • 乃木の好物は赤飯
  • テントマークがついた赤飯
  • テントはテロ組織といわれている

このことから、乃木憂助はテント(テロ組織)の一員なのではないかと考察できます。

テントは現在ドラマ内ではテロ組織と言われていますが、「別班のマーク」「乃木家の家紋」ではないかなどいろんな説が浮上しています。

どんな展開になるか楽しみですね!

③パッケージの信念だけ欠けている

VIVANTでの赤飯について考察3つ目は、「パッケージの信念だけ欠けている」です。

考察に至った理由は、

VIVANTコラボ商品の赤飯のパッケージの「信念」が欠けている

からです。

VIVANTのコラボ商品赤飯のパッケージはこちらです。

乃木憂助の言葉とされる「信念」が不自然に欠けていますね。

ドラマ中に「テロ組織テント」の特徴として、「声明もなく信念が見えない」と説明している

「赤飯パッケージの『信念』が欠けている」=「声明がなく、信念が見えないテント」ということを示唆している可能性がありますね。

深読みのしすぎじゃ?って思うけど、たしかに不自然なんだよな

④柚木薫は赤飯を知らない?

VIVANTでの赤飯について考察4つ目は、「柚木薫は赤飯を知らない?」です。

考察に至った理由は、

柚木薫が赤飯を食べた際の顔が、食べ慣れていない表情に見えた

からです。

柚木薫が赤飯を食べたときの表情はこちらです。

柚木薫は日本ではなくバルカ共和国で育ってきたため、赤飯を食べ慣れていなかったのではないかと考えられます。

VIVANT第7話でも赤飯を食べて、苦手そうな表情をしていました。

柚木薫はバルカの人身売買組織にいた?

柚木薫は、乃木と同じように「バルカの人身売買組織」に攫われた子供だったのでバルカ共和国で育ったのではないかと言われています。

乃木憂助の夢に出てくる、バルカ解放組織の中にいる「口を手で覆う少女」の仕草と柚木薫の仕草が一致します。

乃木憂助の夢に出てくる少女
柚木薫の手で口を覆う仕草

乃木憂助の夢に出てきた子供たちの中で、口を手で覆う少女だけがアップされていたため何かの伏線であるかと思われます。

柚木薫もバルカの人身売買組織にいて、その後乃木と同じように救出された可能性はじゅうぶんにあり得ますね。

乃木とグルなのか、乃木の敵なのか…

⑤柚木薫も自衛隊(別班)と関係している?

VIVANTでの赤飯について考察5つ目は、「柚木薫も自衛隊(別班)と関係している?」です。

考察に至った理由は、

柚木薫が赤飯を食べて「なつかしい」「本物」と言っていた

からです。

柚木薫が赤飯に「懐かしさ」を感じるということは乃木と同じで日常的に食べる場面があったとのではないか、自衛隊の秘密組織である別班の隊員なのではないかと言われています。

しかし、VIVANTの別班メンバーは第6話で7人が登場しており、それぞれが存在を知っているため薫が別班である可能性は低いかと思われます。

VIVANTの別班8人は誰?メンバー紹介と残りの候補

ただ日本の食がなつかしかっただけの可能性もあるね!

今後のドラマがどんな展開になるか目が離せませんね!!

これまでのドラマVIVANTの伏線&考察まとめはこちらをご覧ください。

▼ドラマVIVANTの地上波再放送の予定や無料動画を全話観る方法はこちら

こちらの記事も読まれています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次